HOME > COMPANY > シニアスタッフ紹介

シニアスタッフ紹介

江良俊郎 ERA Toshiro
代表取締役兼CEO
企業広報、危機管理のスペシャリスト。特に企業の事件・事故、企業不祥事など企業危機の際の対応経験は多く、コンサルティングだけでなく、顧問契約企業の名刺で実際に矢面に立ってマスコミ対応、関係者との交渉を取り仕切る現場派。また、クライシスシミュレーショントレーニング、メディア・トレーニングのトレーナー、危機管理セミナー講師、講演、等数多く担当している。

略歴

1986年: 神奈川大学法学部法律学科卒業後、現株式会社ユナイト・パブリックリレーションズ入社
1988年: 株式会社プラップジャパンに移籍。上場企業、外資系企業の企業広報を多数手がける
1993年: 同社アカウント・スーパーバイザー
1998年: 中国北京の現地法人「普楽普公共関係有限公司(プラップ北京)」社日系企業担当マネージャーおよびメディア・トレーニングプログラム責任者、ディレクターを兼務
2001年: 株式会社arexを設立、代表取締役に就任
2004年: 社団法人日本パブリックリレーションズ協会理事就任、3期6年務める
2007年: PRプランナー資格検定試験委員就任
2011年: 日本広報学会理事就任
2014年: 公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会理事再任
2016年: 同協会副理事長・教育委員会委員長就任

著作

その他


平野 日出木 HIRANO Hideki
取締役副社長/チーフ・トレーナー
日本経済新聞社での15年の企業取材経験を生かし、2002 年にエイレックス に参画。日経新聞では自動車、鉄鋼、機械、エネルギー、運輸、企業財務、コーポレートガバナンスなどの業界・分野を担当記者として取材・報道。産業部(現・企業広報部)キャップ、同部次長(日経本紙一面・企業面担当デスク)を歴任。 エイレックス参画後は、大手素材メーカー(外資/国内)、大手不動産(国内/外資)、大手食品(外資/国内)、外資コンサルティング、商業施設、電鉄などのコーポレート広報、メディアトレーニング、危機対応業務を司る。2005年副社長、2006年7月~2009年1月はソーシャルニュースメディア(OhmyNews / Oh!MyLife)に出向し編集責任者、2009年取締役。豊富なメディア経験を生かした実践的なアドバイスに定評がある。 1985年早稲田大学政経学部卒業、2002年カリフォルニア大学バークレー校ハース経営大学院MBA。中小企業診断士。著書に『物語力で人を動かせ!』(三笠書房)、『一流の投資家はなぜ、メンタルを大切にするのか?』(共著、総合法令出版)、経済広報センター月刊誌「経済広報」で「マスコミ対応Q&A」連載(2010年4月~9月)。

江良 嘉則 ERA Yoshinori
取締役執行役員
大手證券会社を経て1991年にアイ・アールジャパン入社。1997年、同社コンサルティング・グループの分社化によりフィナンシャルメディア(宝印刷グループ)に移籍、 2001年、同社執行役員。2004年、IRコンサルティング部長としてエイレックスに参画し、2006年にPR部アカウント・スーパーバイザー、2009年12月より取締役執行役員(現職)。 証券アナリストの資格を有し、上場企業へのIRコンサルティングに加え、 幅広いクライアントのコーポレート広報、危機管理広報を担当。日本証券アナリスト協会検定会員。現在、日本IR学会理事。 2015年~2016年日本広報学会理事。 慶應義塾大学商学部卒業。最近の著作、インタビュー記事に「スクープ報道に対する上場企業としての適切なコメントとは?」(経済広報2016年6月号)、 「識者に聞く~企業は危機にどう立ち向かうのか」(CSR Magazine 2014年5月インタビュー)、「危機発生時のコーポレートコミュニケーションとIR」(IR-COM 2012年3月号)などがある。

阿部 洋子 ABE Yoko
常務執行役員
97年パリから帰国後、文化出版局『装苑』でファッションライターとして活動を始め、『SPUR』、『ELLE』、『ハイファッション』などのファッション誌、朝日新聞夕刊連載コラム「店でみつけた」(2001年~2003年)などに携わる。2001年、エイレックス設立に参画、取締役を経て、2009年12月より常務執行役員。現在は『VOGUE Web』や『Marisol ONLINE』で活動するほか、THE WATERBOYS 『MODERN BLUES』、RADKEY『Dark Black Makeup』の対訳も手がける。東京学芸大学教育学部国際文化教育課程欧米研究専攻卒業後、エスモード・ジャポン東京校入学。95年渡仏、97年エスモード・パリ校卒業。

越知 由紀子 OCHI Yukiko
執行役員/アカウントディレクター
大学卒業後、松下電器産業株式会社(現パナソニック)にて販売促進、カスタマーリレーション業務などを通じて、約6年を松下で過ごす。その後広報会社に移り、各種ブランディング、エステ及びコスメ等の美容関係の広報に携わった後、2001年、Hatsuko Endoグループに広報担当として入社。5年間の広報担当を経て、2006年エイレックス入社。ASV、アカウント・マネージャー(以下、AM)を経て、2014年から執行役員アカウントディレクター(以下、AD)。 これまでに外資系メーカー、金融、サービス業など様々な分野のコーポレート、マーケティング広報の業務でアカウントリーダーを務める。現在もアカウントチームを率いるほか、パブリックアフェアーズ、メディアリレーション業務の前線で活動している。全国紙、雑誌メディア記者・編集者をはじめ、経済界、政界などにも豊富な人脈を持つ。聖心女子大学文学部国語国文学科卒業。

鎌田 俊一郎 KAMATA Shun-ichiro
執行役員/ディレクター
大学卒業後、東京芝浦電気株式会社(現東芝)入社。住宅の自動設計製図システムを構築。その後、株式会社電通国際情報サービスに移り、SE、営業、総務、人事、子会社取締役を経て、執行役員、秘書室長を歴任。同社のIPO(東証一部上場、2000年)をはじめとして、海外拠点設立、コンプライアンス、情報セキュリティ管理業務等に従事するなど、豊富なビジネス経験を持つ。 2008年、株式会社SJI(現CAICA)に移籍し、同社管理本部長、内部監査室長を経た後、2016年4月エイレックスに入社。管理部門の責任者として、経営企画・人事・総務・社内コミュニケーションなどを統括する一方、対顧客に対しては危機対応、メディアトレーニング、上場企業の不祥事における投資家対応、IR活動などのコンサルティングを担当。2017年から執行役員/ディレクター。慶應義塾大学工学部機械工学科卒業。

吉岡 万弓 YOSHIOKA Mayumi
アカウント・ディレクター
大学卒業後、山一證券勤務を経て、クレディ・スイス・ファーストボストン証券東京支店、リーマンブラザーズ証券東京支店等、一貫してグローバル金融機関に勤務。金融、マーケットの第一線で金融、法人営業実務の経験を重ねる。2003年、創業まもないエイレックスに総務・経理責任者として参画。2004年からシニア・アカウント・エグゼクティブ(以下、SAE)、その後AMを経て、2014年からADを務める。 この間、金融関連のほか、国際NGO、大手人材派会社、メーカーなどの企業を担当。 現在、大手製薬会社、不動産サービス会社をメインで担当するほか、主に外資系企業を担当するチームのリーダーでもある。顧客からの信頼は厚く、 スタートアップ時の社員数名、クライアント数社の時代から、 エイレックスが評価を高め成長する原動力として大きく貢献してきた。証券外務員資格を保有。大妻女子大学文学部英文学科卒業。

畑山 純 HATAYAMA Jun
アカウント・マネージャー
大学卒業後、エイレックス入社。アシスタント・アカウント・エグゼグティブ(以下、AAE)、アカウント・エグゼグティブ(以下、AE)、SAEを経て2014年4月より現職。これまでに外資系金融、情報通信分野、外資系大手タイヤメーカーなどの企業広報業務で経験を積んだほか、2007年より危機対応トレーニング、危機管理マニュアル作成に関わり、実際の企業不祥事対応も多数経験。企業不祥事対応においては、クライアント企業の「ダメージの最小化」にこだわる。 危機対応では耐火偽装事件、医療器具回収、業務上過失傷害事件、風評被害対応、建設会社の施工不良問題などで、対応方針の策定から現場で実際の取材対応まで、広範な危機対応経験を持つ。 メディアトレーニングプログラムにおいても、国内大手企業を複数担当。プロジェクトのリーダーとして、コーディネーター及びサブ講師、記者役など様々なトレーニング業務に対応している。日本PR協会認定PRプランナー。早稲田大学法学部卒業。

村瀬 亜以 MURASE Ai
アカウント・マネージャー
大学卒業後、大手広報会社プラップジャパン入社。AEとして、外資系食品会社、流通企業などのマーケティング広報、コーポレート広報業務を担当、パブリックリレーションズ、メディアリレーションに関する基礎を学ぶ。その後、産経新聞社のニュースポータルサイト 、ZAKZAK の運営に従事。2000年、経営コンサルティング会社に創業メンバーとして参画。同社では人事系コンサルティング会社などの広報活動に深く携わるほか、オンラインショップ運営や書籍出版なども手がける。2010年、エイレックスに移籍しSAE、ASVを経て2016年4月からAM。 広報コンサルと、新聞社のネットニュース編集経験を持ち、ニュース価値の的確性に定評がある。現在、米系不動産投資顧問会社を担当する一方、外資系金融チームを率いる。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。

石山 香織 ISHIYAMA Kaori
アカウント・スーパーバイザー
大学卒業後、エイレックス入社。AAE、AE、SAEを経て2013年からASV。これまで外資系金融会社、外資系人材派遣会社、大手食品会社の企業広報、マーケティング広報を経験し、特にメディアリレーション業務に強み。日経はじめ大手メディア、編集者に太い人脈を有している。2008年以降は、企業不祥事対応実務、危機対応トレーニング運営業務にも携わり、現在、チームリーダー。2009年、食品会社「すぐる食品」の風評被害によるレピュテーション回復のための危機管理広報業務で日本PR協会主催PRアワードグランプリ部門最優秀賞を受賞。2009年、日本PR協会認定PRプランナー。中央大学商学部卒業。

田中 純子 TANAKA Junko
アカウント・スーパーバイザー
国際映画祭、テレビ制作・配給会社を経て、株式会社野村総合研究所にて海外プロジェクトに6年間携わる。その後、一般財団法人職員として、異文化コミュニケーションに関する政府委託事業に7年間従事。留学経験を有し、事業会社や団体職員として、一貫して海外との渉外業務を担当してきたことから、 高い語学力、国際感覚、異文化への理解にも定評がある。2014年、エイレックス入社後、国際NGOほかを担当。SAEを経て2015年からASV。現在、外資系エアラインの広報担当としてマーケティング広報、ブランディング、危機対応などに従事。主にグローバル企業を担当するアカウントチームを牽引している。 日本PR協会認定PRプランナー。国際基督教大学教養学部卒業、米国アイオワ大学大学院コミュニケーション学部修士課程修了。

山本桃子 YAMAMOTO Momoko
アカウント・スーパーバイザー
大学卒業後、国立児童総合センター「こどもの城」職員に採用される。企画部、広報部に在籍し、「こどもの城」のメディアリレーションを中心とした広報業務に通算25年携わる。広報素材発掘やイベント企画、リリース作成、取材誘致・対応、会報誌作成など、組織における内外の広報業務全般を担当しつつ、毎年来館者1000万人、取材数100件に対応する広報チームをマネージメントした。 2015年、こどもの城閉館を機にエイレックス入社、SAEを経て2016年4月からASV。エイレックスでは複数の外資系企業の企業広報業務、製薬会社の疾患啓発プログラム、メディアイベント、コンシューマーイベントの広報業務、食品会社のマーケティング広報でも経験を発揮し幅広い分野の顧客企業から高い評価を得ている。聖心女子大学文学部卒業。法政大学大学院キャリアデザイン学修士課程修了。

山野 有希子 YAMANO Yukiko
アカウント・スーパーバイザー
大学卒業後、大手広報会社プラップジャパン入社。外資系アカウントサービス部門AEとして外資系食品メーカーなどのマーケティングコミュニケーション、ブランディング、広報活動を担当し、パブリックリレーションズ、イベントマーケティング、メディアリレーションに関する基礎を学ぶ。2007年渡米、ロサンゼルス、NYでの海外生活を終え帰国後、2013年にエイレックス入社。SAEを経て、2017年ASV。外資系化学、外資系コンサルのアカウントチームを率いるほか、外資系ワイン&スピリッツ、大手食品、国内金融機関の危機管理広報コンサル業務も担当。上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒業。

野口 潤平 NOGUCHI Junpei
特別顧問
信越化学工業株式会社で、人事・採用、労務管理、教育研修部門を経て、1990年より同社広報室長。対外広報、コンプライアンス、社内報編集長、CI業務に従事。1998年、ヒューマンクリエイト社(研修部門分社)社長を経て、2004年よりエイレックスに参画。シニア・コンサルタント(クライシス・マネジメントおよびメディア・トレーニング担当)。 2006年取締役就任、2009年12月より特別顧問。2011年7月より非常勤。東京大学法学部卒業。


Page Top